count6updown
Comments

・常にニコニコする

・お礼は2度言う

・アメやガムなどを何かのお礼に渡す

・休日出勤の時や残業時、ささいな差し入れをする

・人に何かを頼んだら感謝する

・何かを頼まれてもいやな顔をしない

・うまい企画書や依頼状など、役立ちそうな書類は借りてコピー(テクを盗む)

・1つ得意な分野がある先輩に、いろいろ教えてもらう

・使えない後輩は3ほめ1怒り

・電話内容や人に注意されたことなどはメモ、直らなければ直るまで机の周りに張り出す

・口頭や電話などで指示されたことは、最後に繰り返して確認

・何事も期日を明確に依頼する

・会社の人は、服装でもなんでもいいなと思ったらほめる

・無視されても自分から挨拶を続ける

・病欠の翌日は同僚に謝る&感謝する

仕事でして効果があったなあと思うTIPS (via inoken) (via mossagate) (via asahina) (via goboh) (via biggarden) (via mmmmmmmmmy) (via casiomasasi) (via layer13) (via k32ru) (via jun26) (via jabberokkie) (via lj7stkok) (via hkdmz) (via jabberokkie)
Comments
Comments
kagurazakaundergroundresistance:

shrineroof:

fixel:

petapeta:

gkojax:

deadgirls:

luminousinsect:

nyomklyu:

tzetze:

hisajun:

syousetukomichi:
(via pocopoko)
Comments
otsune:

reuliy mieux on Twitter: “耳にはめるとリボンが見えるキュートなヘッドフォンを売りたかったのが裏目に出た模様。“@stopsnarry: claire’s tried to do headphones with ties but it looks like.. http://t.co/mqpjopQULr””
Comments
americanapparel:

Lucio Fontana, Ambiente spaziale al neon, 1951 [ceiling] x Richard Long, White River, 1994 [floor] at the 22nd Biennial of São Paulo, 1994

americanapparel:

Lucio Fontana, Ambiente spaziale al neon, 1951 [ceiling] x Richard Long, White River, 1994 [floor] at the 22nd Biennial of São Paulo, 1994

Comments
positivelynoteworthy:

Pentax 645n   Portra 400 (via Trent Davis)

positivelynoteworthy:

Pentax 645n Portra 400 (via Trent Davis)

Comments
専門家によると、すでに植林が中止されているので、スギ花粉の飛散は2050頃をピークに徐々に減っていき、2120頃には無くなるらしい。良かった。もう少しの辛抱だ。
Twitter / HOZMIX (via chptr22)
Comments
the-lovecats:

The Lovecats
Comments
gkojax:

ポリリズム発注書(via mymelodyorg)

gkojax:

ポリリズム発注書

(via mymelodyorg)

Comments
lifeisverybeautiful:

Bridge in the reflection, Riku Gien by cameranew on Flickr.
Comments
「ビビる」は、私の世代が作って定着した造語かと思ってぐぐったら、どうも「平安時代末期から使われていた」らしくて、マジでビビった・・・。(ちなみに「マジ」は江戸時代だそうです…)
Comments
さらに、中国での民事訴訟の特徴の1つとして、野村弁護士は、各裁判所の「地元」の原告・被告が裁判で有利になる「地方保護主義」を挙げた。

中国の場合、裁判官の人事権は地方政府が握っている。このため、裁判官が地元の利益を優先しがちになるものと見られる。

これに対し、野村弁護士は「訴える相手企業の地元ではなく、出来るだけ有利になりそうな、ほかの地方で訴訟を起こすこともある」という。このような戦略的な訴訟プラン・戦術の策定や、中国特有の制度・実務への理解を深めることなどを訴訟のコツとして挙げた。

なお、中国で担当した実際の事案も紹介したが、「損害賠償訴訟の第1回公判審理前、裁判官から電話があり、被告に有利な内容の和解を強く迫られた」など、いずれも日本ではまずあり得ないようなエピソードだった。
Comments
genjoshi:

quantanp:
Hinako Sano佐野ひなこ http://ift.tt/1sjTDH8

genjoshi:

quantanp:

Hinako Sano佐野ひなこ http://ift.tt/1sjTDH8

Comments
というわけで、なんとこの「3倍高密ピアノ」は、3倍以上高密なコーヒー「TRIPLESSO(トリプレッソ)」のキャンペーンの一環としてAGFが作り上げてしまったピアノだったのです。なんとも遠回しなキャンペーンですが、本当に演奏できる世界に1台だけの264鍵ピアノを作り上げてしまった、というわけです。
Comments